HOME > さらに使いこなす > ATOKナントカ変換

ATOKナントカ変換サービス

ATOKナントカ変換サービスとは?

後半しか思い出せないことばや、読みが入力できない言葉が入力できる!

入力したいコトバを"ど忘れ"して、頭に思い浮かぶイメージを入力できなかったことはありませんか?
ATOKナントカ変換サービスは、あのコトバが入力できるサービスです。
ATOK Passportをご利用の場合は、Windows、Mac、AndroidのいずれのATOKでもご利用いただけます。

コトバの先頭が思い出せなくてもOK

「なんとか」に続けて、覚えているコトバの後半部分を入力してください。
左の画面は「なんとかひるず」、右の画面は「なんとかれとりばー」の候補を表示した例です。

「まるまる」と「?」も使えます。「?」なら、すばやく入力できます。
下の画面では「?」を使って「?ひるず」の候補を表示した例です。

※「なんとか」「まるまる」「?」以外にもカスタマイズが可能です。

※初期状態の変換候補の表示数は2件ですが、9件まで表示できます。
プロパティ(環境設定)[入力・変換]シート[推測変換][詳細設定]にある[自動表示する候補数]で設定できます。

ど忘れしてしまったあのコトバをお試しください

ATOK Passport、ATOK定額制:約146万語(※)に対応しているので、下の名前しか覚えていないあの人の名前も、あの場所も、いろいろお試しください。

※2014年12月2日現在

ATOK Passport [プレミアム]なら、さらにパワーアップ

ATOK Passport [プレミアム] :約182万語(※)に対応しているので、さらに、うろ覚えのあの慣用句なども、クラウド辞典サービスで検索できる辞典の言葉まで提示されます。

※2014年12月2日現在

利用するには

利用するには

  • ご利用中のATOKを最新バージョンにします。(JUSTオンラインアップデートで通知)
    ※手動での実行はそれぞれ手順をご確認ください:Windows版Mac版
    ※Android版は他のアプリ同様、Google Playから実行してください。
  • 当サービスの利用時にインターネットへ接続している必要があります。

対象製品(2015/06/26現在)

  • ATOK Passport(Windows/Mac/Android)
  • ATOK定額制サービス(Windows/Mac)
  • ATOK 2015 for Windows [プレミアム](1年間限定)
  • ATOK 2015 for Mac [プレミアム](1年間限定)
  • ATOK 2014 for Windows の ATOK Passport [1年間利用権]ご利用の方

設定方法

  • 設定にはJust アカウントが必要になりますので、お手元にご用意ください。
  • 「ATOKナントカ変換」を「ATOKクラウドサービス」の設定でオンにします。(※)

(※)ATOKクラウドでATOKナントカ変換を「オン」にするには:

Windows…「言語バーの[メニュー]− ATOKクラウドサービス」

Mac…「入力メニュー − クラウドサービスの初期設定」

Android…「ATOK設定 − ATOKクラウドサービス」


Update:2015.10.08