入力しながら
言葉を検索
ATOKクラウド辞典

プレミアムコース限定
ATOKクラウド辞典とは

ATOKと連携して検索できる電子辞典をクラウド辞典として提供しています。
書いていることばや読んでいることばの意味を知りたいとき、すぐに電子辞典で検索できます。
文章作成に集中するために必要な、豊かな表現力と深い思考力を広げる6冊を厳選しました。

辞書の最高峰
『広辞苑』

最新第七版を搭載

『広辞苑』は、1955年の初版刊行以来60年以上にわたって日本語を使う多くの人々から信頼され、いまや「国語+百科」辞典の最高峰、「国民的辞典」と言われる辞典です。2018年1月12日発売の『広辞苑 第七版』をATOK用クラウド電子辞典として、ATOK Passport [プレミアム]でもご利用いただけます。
簡潔かつ的確な語釈の『広辞苑』と、入力中に素早く調べられるATOK用クラウド電子辞典が、文章作成の頼もしい支えとなります。

各界第一線の専門家が執筆

文学・歴史から物理学・医学、美術・音楽に武芸・茶道、スポーツ・サブカルチャーまで、学問の研究の進展や最新動向を反映。現代生活や各分野の理解に必須の言葉についても新たに選定。

言葉の変化、意味の違いをみつめる

新しく生じた意味を、その定着度を吟味しながら過不足なく追加。動詞・形容詞を中心に類義語の意味の違いの分かる語釈を追求しました。

日本語の基礎を見直す

言葉の根本の意味をきちんととらえた上で、歴史的な意味変化に沿って語釈を与えるという基本に立ち返り、古典から引用した用例を総点検。基礎語の語釈を全面的に書き換え、古語項目もさらに充実させました。

部分一致検索機能に対応

部分一致検索機能に対応。未知の言葉を見つけて語彙を広げたり、クイズやクロスワードパズルに使ったり、利用シーンがさらに広がります。また、季語も探しやすくなりました。

季語のリンクから、別の季語を探せます。理解を助ける図版や写真も多数収録。

13年ぶりの大改訂
令和の国語辞典
最新『大辞林』
(大辞林4.0)

『大辞林 第四版』(三省堂 2019年)に基づいたATOKクラウド辞典です。
古代から現代まで繋がる日本語の長い歴史と、今現在の社会・文化を映すことばが収録されています。
あらゆる物事の根底にある言葉の理解を助け、航路を指し示す羅針盤となる新しい国語辞典です。

【特長】

  • 新語・新語義、学術・科学用語、片仮名・アルファベット表記語への対応
  • 国際化・多文化共生社会の日本語として複合動詞やさまざまな接続語なども収録
  • 時代とともに広がり、定着した新しい語義を追加
  • 万葉集の古代語から現代語に至るまで 各時代のことばと語義を収録

[収録]約26万9千項目、図版・写真 約3,700点、音声 約470点

ビジネスに、
日常生活に。
『ウィズダム英和辞典 第4版』

『ウィズダム英和辞典 第4版』(三省堂 2019年)に基づいたATOKクラウド辞典です。
コーパス(大規模英語データベース)を全面活用した、現代の「生きた英語」を的確に反映した英和辞典です。

【特長】

  • 大学入試やビジネスユースまでカバーする約10万4千項目を収録。
  • 論理的な英文を正確に、素早く読み込むため論説で頻出する定型表現を増強。
  • 日常生活で必要なコロケーションを大幅拡充。

[収録]約10万4千項目、音声 約4万、図版 約100点

現代の
「生きた英語」を
自然に書ける
『ウィズダム和英辞典 第3版』

『ウィズダム和英辞典 第3版』(三省堂 2019年)に基づいたATOKクラウド辞典です。
自然な英文を書き、組み立てる、総合的英語発信を全面的にサポートする和英辞典です。
学習からビジネスまで様々な場面に幅広く対応しています。

【特長】

  • 英語らしい表現への言い換えのヒントを解説
  • 日本の文化を英語で説明する際の参考表現
  • 多くの訳語がある場合は、意味の差異や用法の注意点を詳しく解説

[収録]約9万2千項目、図版 約30点

『三省堂
故事ことわざ
・慣用句辞典
第二版』

『三省堂 故事ことわざ・慣用句辞典 第二版』(三省堂 2010年)に基づいたATOKクラウド辞典です。
中国の古典に基づく「故事」、古くから言いならわされてきた「ことわざ」、言葉の決まった結びつきによってある特別の意味を表す「慣用句」、これらを一つにまとめた便利な辞典です。

【特長】

  • 故事には書き下し文を、慣用句のすべてに日常的に使われる用例を掲載。

[収録]約7,100項目

『敬語のお辞典』

『敬語のお辞典』(三省堂 2009年)に基づいたATOKクラウド辞典です。
敬語の表現やニュアンスを確認でき、豊富なバリエーションからぴったりな表現を探せる辞典。
「御」にこだわって、「御」のつく言葉を衣食住や人称や時代劇や幼児語などからも収録し、「お」がつくのか「ご」がつくのか迷ったときにも役立ちます。

【特長】

  • 敬語からはもちろん、普通の語(敬語の元の形)からも調べられる

[収録]会話例 約5,000、340の場面別・意味別に分類